So-net無料ブログ作成
検索選択

第6回「越の花飾り」~郷秋の花たちのお披露目~ [風景]

「越の花飾り」は、新潟の花を使った絢爛な園芸作品を、登録有形文化財「燕喜館」で公開するという優雅で素敵なイベントです[かわいい]

***「燕喜館」は、江戸時代に若狭の国(現在の福井県)三国港から新潟に移住し、酒問屋や海運業で財を成した大地主「斎藤家」の邸宅なのです。
明治期の建築様式をよく残しているこの邸宅の内、「燕喜館」と呼ばれていた接客部分が新潟市に寄付されて由緒ある白山公園の一画に移築再建されて、様々なイベントなどに使用されています***

今月前半の、まだ暖かい土曜日に母と信濃川沿いの「やすらぎ堤」を歩いて白山公園まで来たとき、偶然出くわしたイベントでした[手(チョキ)]

華の競演をご覧下さい[ハートたち(複数ハート)]

DCF00014.JPG

DCF00015.JPG

DCF00013.JPG

洋風の可愛らしい園芸[るんるん]
DCF00012.JPG

DCF00009.JPG

川を模した園芸です・・・優雅[ぴかぴか(新しい)]
DCF00008.JPG

燕喜館の内庭も、素敵な植え込みが・・・
DCF00010.JPG

そしてこの日、「ソプラノとチェンバロによるうたづくし」と題したミニコンサートが館内で開かれていて、運良く拝聴することが出来ました[耳]

DCF00011.JPG

チェンバロは、鍵盤式楽器ですが、ピアノとは違い、弦を爪弾いて音が出るので、まるでギターのような音調なのでした[exclamation]初めて聞きましたが、澄んだ音色が心地よかったです[目]

そして、ソプラノ声楽家は柳本幸子さんとおっしゃる方で、なんでも「イタリア・ベルカント唱法」を習得しておられるそう。
声に重厚感と張りがあり、間近で聞けたこともあり、声音の震えや微妙なニュアンスまで堪能できました・・・うっとり。

このあとは、古町の人気カフェ「ニワトリカフェ」でランチを[わーい(嬉しい顔)]楽しい日になりました☆

足あと(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

どこか懐かしい山里~山古志の秋の風景 [風景]

今は新潟県長岡市に統合された山古志村は、人里離れた秘境・・・というには街までそれほど遠くはないんですが、コンビニ、ファミレスはなく、空を狭める電線も目立たず、昔ながらの風景をよく残している地域なのです[目]

今年も、秋の山古志に足を伸ばしてきました[かわいい]

地元の方たちが運営するアルパカ牧場は、早い時間から人でいっぱい[exclamation]

IMG_3331.jpg

親子かな?
IMG_3330.jpg

なんだか面白いポーズ
IMG_3329.jpg

IMG_3334.jpg

生まれたばかりのちいさなアルパカちゃんは、地べたにちょこんと座ってのんびりくつろぎモード[揺れるハート]
IMG_3336.jpg
IMG_3337.jpg

アップでやさしい顔をパチリ☆
IMG_3340.jpg

すぐそばには、地元産野菜の直売所があります
IMG_3341.jpg

山間の窪地に棚田の風景が広がって・・・見晴らしがとてもよいです。
IMG_3344.jpg

山古志、というと名産のひとつに「錦鯉」があります。この立派な鯉たちは、この日お世話になった素敵な旅館「和泉屋」さんの玄関で悠々と泳いでいたのでした~
IMG_3352.jpg
IMG_3355.jpg

足あと(4)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

新潟市西蒲区角田浜 「カーブドッチワイナリー」 の素敵な庭 [風景]

夏も、もうじき終盤ですね。盛夏の頃は、暑いなあ~早く秋になればいいのに~と思っていたんですが、日が短くなり、夜も涼しく、鈴虫の鳴き声が聞こえるようになってくると、何だか、少しだけさみしく思ってしまいます(^^;)

そんな夏の、思い出を少しずつ書き記していこうかな、と思い立ちました。

今回は、初夏に訪れた「カーブドッチワイナリー」の敷地内にあるイングリッシュガーデンの花々を[ぴかぴか(新しい)]

カーブドッチが建っている場所は、新潟ののどかな片田舎です。空気がきれいで、ぶどう畑の奥には、低山ハイキングにうってつけの「角田山」が見え、とても眺めがよいのでした。

カーブドッチワイナリーは、ワイン醸造所だけではなく、レストラン、イングリッシュガーデンの他、自家製ジェラートや店内焼きパンのお店、そしてソーセージやベーコンなどの燻製工房「薪小屋」、さらには日帰り&宿泊温泉施設「ヴィネスパ」などが広い敷地内に点在していて、一日のんびり楽しめるのです[ひらめき]

これほど、色々な施設があるのは、創業者の落希一郎さんが「ただワインを買ってもらうだけでなく、ワイナリーで美しい景観を眺めたり、食事をして楽しい時間を過ごすことで、自分が飲むワインにより強い愛情を持ってもらいたかった」からだそうです。
(「僕がワイナリーをつくった理由」 落希一郎著/ダイヤモンド社 刊より)


僕がワイナリーをつくった理由

僕がワイナリーをつくった理由

  • 作者: 落 希一郎
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 単行本



では、素敵なガーデンの写真を[かわいい]

ガーデンは広々とした敷地に広がっています♪
IMG_3037.jpg

バラがふっくりと、美しく咲いていました~
IMG_3039.jpg

IMG_3041.jpg

IMG_3049.jpg

IMG_3048.jpg

IMG_3050.jpg

IMG_3051.jpg

IMG_3056.jpg

IMG_3057.jpg

IMG_3047.jpg

ニュアンスのあるオレンジ色が素敵!
IMG_3060.jpg

珍しい花だなあ~
IMG_3053.jpg

IMG_3052.jpg

ガーデンは、色々な花が咲き乱れていました
IMG_3054.jpg

IMG_3055.jpg

IMG_3059.jpg

IMG_3061.jpg

つる植物のゲートが!くぐってみましたよ
IMG_3062.jpg

あっ、みつばちさんが(^^)
IMG_3064.jpg

青い花が幻想的・・・
IMG_3067.jpg

木の緑にも、癒されます~
IMG_3066.jpg

こんな素敵なガーデンなのに、入場するだけなら、無料なんです。
でも、ここにきたからには、ジェラートを食べたり、お肌すべすべになる最高品質の温泉に浸かったり・・・
他にも楽しんじゃいます♪








足あと(5)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

北方文化博物館の藤☆ [風景]

ismfileget.jpg
(母が携帯にて撮影[ひらめき]

北方文化博物館」は、新潟県新潟市江南区沢海にある博物館です。
豪農伊藤文吉の邸宅を博物館として整備し、美術工芸品や考古資料等を展示しています~
その本館北側には大藤棚があり、5月にはうす紫の花が満開となります[ぴかぴか(新しい)]

建物は、雪国の建造物らしく、どっしりした木組みで作られており、歳月を経たことで木の色は鈍色に照り輝き風格を醸し出しています。
敷地内には「レストラン ウィステリア」(←博物館内の庭園を眺めながら美味しいご飯が食べられます)や軽食も販売されています[わーい(嬉しい顔)]



足あと(24)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

津川の温泉郷~ [風景]

ちょっと前になりますが、Yちゃんと津川へプチ日帰り旅行してきました☆
新潟県の下越地方に位置する、温泉宿がいくつもある風光明媚な場所なのです~[ぴかぴか(新しい)]
IMG_1179.JPG

IMG_1180.JPG

この日は、「あすなろ荘」で部屋を借りてのんびり温泉に浸かったり、美味しいごはんを食べたりしていましたです[わーい(嬉しい顔)]

わたしが注文したのは、こしひかりおにぎりセット[exclamation]今年の新米はつやつや光っていて、食感はもっちり[グッド(上向き矢印)]おにぎりの中は何も入っていませんでしたが、お米だけで十分満足でした[揺れるハート]
IMG_1182.JPG

IMG_1183.JPG

あすなろ荘のお湯は、無色透明で、ちょっと入っているだけでからだがぽかぽかしてきました[exclamation]
祝日に行ったんですが、なかなかの繁盛ぶりでしたね~[ひらめき]

帰りは、天気はよくなかったんですが、その代わりに・・・虹を見ることが出来ました[目]しばらく、見てなかったんでとても嬉しかったです[手(チョキ)]
IMG_1184.JPG

足あと(15)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。